【手軽で簡単】PDFで電子印鑑を作成できるおすすめサービス5選


目次[非表示]

  1. 1.PDFで作成できる電子印鑑とは
  2. 2.電子印鑑の法的効力の範囲について
    1. 2.1.電子印鑑のみの場合
    2. 2.2.電子印鑑と電子証明書付きの場合
  3. 3.電子印鑑をPDFに押印する流れ
  4. 4.PDFに付与できる電子印鑑のおすすめサービス5選
    1. 4.1.WAN-Sign
    2. 4.2.ハンコヤドットコム
    3. 4.3.Sirusi
    4. 4.4.はんこ森
    5. 4.5.パパッと電子印鑑3 PRO
  5. 5.まとめ



電子印鑑を作成する方法はいくつかありますが、PDFでの作成方法は比較的簡単で導入コストも抑えられます。

しかし、電子印鑑作成サービスによってデザインや機能性、カスタマイズ性が異なるため、自社により合ったものを選ぶことが重要です。
この記事では、PDFで電子印鑑を作成できるおすすめサービス5選を紹介します。

PDFで作成できる電子印鑑とは

電子印鑑をPDFで作成した場合、電子データとして存在するため、電子文書に容易に組み込むことができます。

PDF形式の電子印鑑は、専用の電子印鑑作成ツールやオフラインツールで作成することができ、電子媒体での配布や保存が可能です。

また、電子署名を付与することで法的な要件や規定に適合でき、ビジネスシーンで幅広く活用できます。


>>電子印鑑の作り方とは?スキャンや無料ツールで作る方法を紹介


電子印鑑の法的効力の範囲について

電子印鑑は、電子証明書の有無によって法的効力の範囲が異なります。

電子印鑑のみの場合

電子印鑑のみの場合、印影を画像化・データ化しただけの印として扱われます。本人確認に必要な情報が不十分なため、単体では法的証拠力が弱いとされます。

例えば、単純に印影をスキャンして保存したものや、オフィスソフトや印鑑作成ツールで作成した電子印鑑が該当します。

これらの電子印鑑は簡単に作成できますが、複製が容易であり、改ざんのリスクも高くなります。

電子印鑑と電子証明書付きの場合

電子印鑑に電子証明書を組み合わせたもので署名した場合は、企業が作成した印影データに使用者や捺印時間などの詳細な情報が含まれます。

電子証明書は、信頼性の高い認証局から発行されるものです。 

高い法的効力を持つため、電子印鑑の真正性や信頼性が高まり、法的証拠力が強化されます。

また、タイムスタンプもついたものであれば、捺印された時点の日時を確認でき、その後改ざんされていないかの検証も可能となります。これにより、取引における信頼性を高めることが可能です。


>>電子印鑑のセキュリティリスクは?有効な対策を紹介


電子印鑑をPDFに押印する流れ

PDFに電子印鑑を付与する流れを、代表的なソフトウェアであるAcrobat Readerを例に挙げて説明します。

  1. Acrobat Readerを開く。
  2. メニューバーのツールタブより、スタンプをクリックする。
  3. メニューに表示された「スタンプ」をクリックする。電子印鑑の追加ツールが表示された後、印鑑を押印したい適切な場所をクリックする。
  4. 『電子印鑑』にカーソルを合わせ、使用する印鑑を選択する。
  5. 印鑑に表示する情報を入力する。
  6. PDF上の押印箇所に貼り付ける。 

印鑑の選択や位置調整など、具体的な設定に関しては、Acrobat Readerのバージョンや使用する環境によって異なる場合があります。

PDFに付与できる電子印鑑のおすすめサービス5選

ここでは、PDFに付与できる電子印鑑のおすすめサービスを5つ紹介します。

WAN-Sign

WAN-Sign』は、電子契約サービスで国内屈指のシェアを誇る『電子印鑑GMOサイン』を基盤につくられた電子契約・契約管理サービスです。

情報資産管理で4,000社以上の実績を持つNXワンビシアーカイブズが提供しており、システム内で締結する文書に電子印鑑を利用することができ、同時に電子証明書の付与による法的効力を持った契約締結が可能です。

締結レベルに合わせた電子契約・電子印鑑の登録だけではなく、紙での契約書の管理もでき、簡易な認印版締結から厳格な実印版締結まで幅広く対応可能です。


>>あらゆる署名に対応した電子契約・契約管理サービス『WAN-Sign』の資料請求はこちら


ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコム』は、実物の印鑑と同じデザイン工程で、偽造されにくいオリジナルの印影を用いた電子印鑑を作成できるサービスです。
印影のサイズや色調の調整、透過背景の設定などのカスタマイズも柔軟に可能です。

印影デザインやフォントが多彩であるため、個人や法人、業種問わず幅広く利用されています。

Sirusi

印影デザインに強いこだわりを持つ『Sirusi』では、オーソドックスなデザインからスタイリッシュなデザインの電子印鑑まで、顧客のさまざまなニーズに応えています。

独自のテンプレートやデザインが多数用意されており、他社とは一線を画すハイセンスな印鑑スタイルを作成できます。

特にIT・不動産・ファッション・アパレル関連の企業が、電子印鑑を作成したい場合におすすめされるサービスです。

はんこ森

社印から個人印まで、本格的なデザインの電子印鑑の作成や導入を支援しているのが『はんこ森』です。

Word・Excel・PowerPoint・PDFなどの多様なファイル形式に対応しており、少ない手間と時間で電子印鑑を捺印できるのが強みです。

リアル鮮明かつ高品質な電子印鑑を提供しており、英語やカタカナ表記にも柔軟に対応できるサービスです。

パパッと電子印鑑3 PRO

パパッと電子印鑑3 PRO』は、豊富な印章用フォントの採用により、本格的な電子印鑑画像ファイルを作成できるソフトです。
使用頻度の高い認印から角印、社外秘のデザインまで、合計10書体の印章用フォントを備えています。

また、実際の印鑑をスキャンして編集できるスキャナ印機能も提供されています。

開発者の試行錯誤によって使いやすさが追求されており、簡単な3ステップでリアルな電子印鑑の作成をサポートしています。

まとめ


この記事では、PDFで作成できる電子印鑑について以下の内容で解説しました。

  • PDFで作成した電子印鑑の法的効力
  • 電子印鑑をPDFに押印する流れ
  • PDFに付与できる電子印鑑のおすすめサービス5選

PDFに付与する電子印鑑は、電子証明書と組み合わせることで、法的効力を持ち、真正性や信頼性が高まります。

電子印鑑作成サービスを選ぶ際には、自社の要件を満たす締結方法や印章用フォントを利用できるかなどに注目しましょう。
WAN-Sign』は、単に電子印鑑を作成するだけではなく、電子契約・契約管理の領域まで包括的にサポートしています。

当事者型署名から立会人型署名まであらゆる署名に対応し、各種法律に遵守した安心・安全の電子契約を実現します。
電子印鑑の作成と運用でお悩みの方は、ぜひこの機会に『WAN-Sign』をご利用してみてはいかがでしょうか。


>>お問い合わせ
>>資料ダウンロード​​​​​​​

人気記事ランキング

タグ一覧

ページトップへ戻る