地方自治体のDXにおける5つの課題!今すぐ知るべき推進ポイントと解決策


目次[非表示]

  1. 1.地方自治体におけるDXの主旨とは
  2. 2.地方自治体のDXにおける5つの課題
    1. 2.1.①デジタル技術に関する専門知識が必要
    2. 2.2.②地域住民にもITリテラシーが必要
    3. 2.3.③既存の業務でリソース不足になっている
    4. 2.4.④財源の確保が難しい
    5. 2.5.⑤セキュリティ要件を満たすシステムが必要
  3. 3.地方自治体におけるDX課題の解決策
  4. 4.まとめ


地方自治体でDXを進めるにあたって課題となるのが、DX人材不足や住民への普及活動、財源の確保などです。

DX推進プロジェクトに参画する職員の方は、さまざまな課題を把握するとともに、具体的な解決策を考える必要があります。

この記事では、地方自治体のDXにおける5つの課題と解決策を紹介します。


地方自治体におけるDXの主旨とは

地方自治体におけるDXの主旨は、行政サービスを最新デジタル技術を活用して効率化し、住民・地域企業・事業者に対して迅速で利便性の高いサービスを提供することです。

総務省では、地方自治体のDX推進の意義をまとめた『デジタル社会の実現に向けた改革の基本方針』や、自治体が取り組むべき重要事項をまとめた『デジタル社会の実現に向けた重点計画』を策定しています。

例えば、地方自治体DXの成功事例として挙げられるのが、電子契約の導入による印刷代・郵送費・人件費の削減や、電子申請・届出の導入による各種手続きの迅速化などです。

地方自治体は、住民や地域企業のニーズに目を向けながら、現状の課題に合ったDX施策の立案及び実行が求められます。

地方自治体のDXにおける5つの課題

地方自治体でDXを進めるためには、重大な課題をクリアする必要があります。ここでは、5つの課題を詳しく紹介します。

①デジタル技術に関する専門知識が必要

地方自治体でDXを進めるためには、デジタル技術に関する専門的な知識を持った人材が必要です。

例えば、地方自治体で導入されるITシステムは、電子契約・電子申請・デジタル決済などさまざまであり、それぞれ操作性や機能が異なります。

ITシステムを導入して終わりではなく、業務効率化や利便性向上につながる運用スキルも要求されます。

デジタル技術に関する知識を持つ職員を新たに確保することは、IT人材不足の昨今においてはハードルが高く、既存の人材を育成するにも時間と努力が必要です。 

ITシステムを導入する際は、ベンダーによる導入・運用サポートが付帯するかどうかが重要なポイントとなります。


電子契約システムの機能とは?導入メリットや選び方を紹介


②地域住民にもITリテラシーが必要

ITリテラシーが求められるのは、地方自治体の担当者だけではなく、行政サービスを利用する地域住民も含まれます。

例えば、電子契約サービスやチャットボットなどを導入し、住民に馴染みのある行政サービスに変更を加える場合、誰にでも分かりやすく操作方法をまとめたマニュアルの作成が必要です。

また、新たなサービスの認知拡大と普及にも注力しなければならないため、住民とコミュニケーションを図ることも大事です。

③既存の業務でリソース不足になっている

地方自治体のDX推進プロジェクトは、通常業務と並行して行うため職員一人で実現することは困難です。

ITリテラシーの高い職員だけではなく、プロジェクトを先導できるマネジメントスキルを持った人材も不可欠です。

地方自治体によっては、既存の業務で手一杯になっていることがあり、必要に応じて外部のリソースを頼ることも検討しなければなりません。

ITシステムを提供するベンダーによるサポートを上手く活用しながら、リソース不足を解消することがDX推進の鍵となります。

④財源の確保が難しい

ITシステムを導入する業務によっては、基本の業務プロセスの見直しと大幅なシステム改良が必要です。

場合によっては、ITシステムの導入・運用費用に加えて、システムの再構築や情報通信機器・サーバーの導入費用などが必要になるため、多額のコストが発生する可能性もあります。

地方自治体では、財政のバランスを取りながら、負債の返済や将来の予測に基づいた適切な予算編成を行う必要があります。

そのため、DXに関連する予算を割り当てることが財政の健全性を損なうリスクを伴う場合、財源の確保は難しいです。

⑤セキュリティ要件を満たすシステムが必要

地方自治体では、機密性の高い情報を多く取り扱うため、セキュリティ要件を満たすITシステムを選定しなければなりません。

例えば、電子契約サービスの場合、一般企業向けのセキュリティだけではなく、行政機関の要件を満たす高度なセキュリティ対策を講じているかが重要な選定ポイントです。

電子契約・契約管理サービスの『WAN-Sign』は、デジタル庁・総務省・法務省・財務省によって、国・地方自治体で利用する契約書への記名押印に代わる有効な電子署名として適法性があると認定されています。

総合行政ネットワークLGWAN内で利用できる基準・審査を満たした情報セキュリティポリシー環境に対応しているため、職員の方が接続環境を気にせず利用可能です。

さらに、災害対策を施した自社所有・国内基盤のデータセンターにて業界最高水準のセキュリティのもと情報管理が行われるため、不正アクセスや盗難による情報漏えいのリスクも回避できます。

WAN-Sign』のように、高度なセキュリティ対策を講じられるITシステムを選定することが、地方自治体のDXを安全に推進するうえで必要になります。


地方自治体のDX推進を手厚くサポートする、WAN-Signの詳細はこちら


地方自治体におけるDX課題の解決策

地方自治体のDXにおける課題を解決し、スムーズに進めるためには以下のような対策が必要です。

  • 部門を横断したチーム体制で非効率な業務を洗い出す
  • 住民や地域企業の意見を積極的に取り入れて行政サービスを改善する
  • デジタル人材の採用とDX人材の育成に力を入れる
  • 試行が可能なITシステムで実証実験を行う

人材不足に悩む地方自治体では、DX推進プロジェクトに必要な専門知識を持った人材の確保が難しい問題があります。

そのため、必要に応じてITシステムを提供するベンダーの担当者や、DX化推進企業などの外部リソースを頼ることも検討しましょう。

まとめ

この記事では、地方自治体のDXにおける課題について以下の内容で解説しました。

  • 地方自治体におけるDXの主旨
  • 地方自治体のDXにおける5つの課題
  • 地方自治体におけるDX課題の解決策


地方自治体でDXを進めるにあたって、DX人材の不足や財源確保などの課題をクリアしなければなりません。

行政と地域住民の連携が上手く取れていない場合、新たに導入した行政サービスの周知と普及が難しい問題もあります。そのため、ITシステムを導入する際には、お試し期間を利用した実証実験から始めることも検討しましょう。

WAN-Sign』は、国・地方自治体利用の契約書類に有効な電子署名として認められた電子契約・契約管理サービスです。

地方自治体向けに実証実験環境の提供を行なっており、宮崎市の電子契約の取り組みにも採用されています。

電子契約をご検討の方は、導入前から専任の担当者による手厚いサービスがある『WAN-Sign』の実証実験を、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。


>>実証実験のお問い合わせ(官公庁・自治体向け)
>>お問い合わせ
>>資料ダウンロード


人気記事ランキング

タグ一覧

ページトップへ戻る