相手先もワークフローを組むことは可能ですか。

「電子契約締結」ではできませんが、「署名者変更」機能を使用して回覧をすることは可能です。
「封筒電子契約」の場合、署名者様と確認者様の設定が可能ですので、確認者様の設定をいただくことで可能です。


電子契約締結の場合
 1.送信先設定時に「署名者変更を許可する」にチェックを入れます。
   署名者変更の設定方法はコチラをご参照ください。
 2.送信先は署名者様ではなく、署名前に文書を確認したい方のお名前・メール
   アドレスを記入ます。
 3.相手先様にて受け取られた方が内容確認後、署名者変更にて次の方のお名前・
   メールアドレスを記入して署名者変更を行います。
   (確認者が複数いる場合は、3.を複数回対応してください)
   署名者変更方法はコチラをご参照ください。

 

封筒電子契約の場合
  送信先設定時に依頼内容を「署名」ではなく「文書確認」とします。
  ※文書確認者は、署名はせず文書の確認のみ行う送信先となります。
  

関連記事

CONTACT
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
コストパフォーマンスに優れた
電子契約・契約管理の秘訣を公開
お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00~17:00
ページトップへ戻る